2021年 11月 28日 (日)

雨にぬれても 室井滋さんはトイレで「男装」して窮地を脱した

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   女性セブン(4月22日号)の「ゆうべのヒミツ」で、室井滋さんが、急な雨でびしょ濡れになった後の顛末を面白おかしく綴っている。

   「春の嵐でえらい目に遭った」...その日、室井さんは自宅から二駅離れたお気に入りの喫茶店に自転車で向かっていた。パラパラと降っていたが、そんな日は愛用の百円ビニールガッパに頼る室井さん。大雨でもそんなに濡れたことがなかったので、安心していたらしい。思えば天気予報は〈雨、所により暴風に警戒〉だった。

「隣町に入った途端、急にバケツをひっくり返したような雨に変わった...名作を模すれば、"横町の横断歩道を渡り、角を曲がると豪雨地帯であった"といったカンジか」

   いちばんの誤算は強風だった。前方から吹きつける雨風に、自転車のサドルから下、つまり下半身が直撃された。

「風に流されて大粒の雨が容赦なく私の股と股の間を狙い撃ちする...股間への集中攻撃で私のズボンはあっという間にビショビショになり、それがどんどん奥へと浸み込んで、下着に到達したと感知した」

   ここで筆者は思案する。引き返すか、そのまま進むか。選んだのは後者。目ざす喫茶店はすぐそこだ。ビショ濡れで飛び込めば店に迷惑をかけるだろうが、Uターンしてさらにずぶ濡れになるダメージは避けたい。そんな「本能的な選択」だった。

  • 雨の中、自転車は大変
    雨の中、自転車は大変
  • 雨の中、自転車は大変

Tシャツをはく

   さて、店の大屋根の下で自転車をとめ、カッパを脱いだ室井さんは、傘を借りて近くのコンビニへと向かった。とりあえず着替えを手に入れなければならない。

   衣料スーパーと違い、品選びで贅沢は言えない。男物の靴下に2枚組のTシャツ、女性用の下着は見当たらないので男物のトランクスにタオル。そして、すべてを隠すための黄色い雨ガッパを購入した。

「喫茶店の表で雨の滴を拭き、レジ袋を胸にトイレへと急いだ。中で素っ裸になって、脱いだ衣服をレジ袋に仕舞い、全て着替えた上から黄色いカッパを着た。ズボンが手に入らなかったので、透けない色付きカッパをワンピースのように羽織る...」

   作戦成功...と思いきや、カッパの丈が短く、前をとめるボタンも腰あたりまでしかない。「トランクスが人目についたら何としよう。おばさんの変態と思われるよね」と自問自答した室井さんは、Tシャツの残り1枚に目をやった。

   「これを半ズボンみたいに穿くっきゃない...フン、どうよ、まだまだ頑張れるわよ、私!」と自らを励ましながら、個室内で最後の「変装」が始まる。

「裾から逆さに左右の袖に足を通す。まるで特大ブルマのようだが...手洗いの鏡で我が姿を確認し、私は平静を装って席に着いた。そしていつものようにブラジルを注文するのでありました」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!