2021年 12月 6日 (月)

在宅勤務中に「飲酒」する大人の言い訳 「暇だった」「むしろ仕事が進む」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   在宅勤務中に飲酒したことはありますか――。

   新型コロナウイルスの影響で、すっかり浸透した在宅勤務。最近では、自宅で仕事中、上司の目がないのを良いことに「やってはいけないこと」に手を伸ばしてしまう大人がいるようだ。J-CASTトレンドは、その本人を直撃した。

  • 在宅勤務しながら飲酒(画像はイメージ)
    在宅勤務しながら飲酒(画像はイメージ)
  • 在宅勤務しながら飲酒(画像はイメージ)

「飲むとエンジンがかかって仕事が進む気がする」

「2回飲みました」

   こう告白するのは、神奈川県内の会社に勤める20代の男性。営業職で、普段は外回りも多い仕事だが、現在週の半分は在宅勤務している。初めて仕事中に飲酒したのは20年11月。「この日は仕事が本当に暇で、午後で片付いてしまって」とぽつり。冷蔵庫にあった缶チューハイを1缶開けたそうだ。

   2度目は21年4月に入ってから。「仕事でトラブルがあり、イライラしていて昼間にビール飲みました」。どちらも職場の人にばれてはいないが、反省はしている様子だった。

   別の営業職の20代男性も、やったことがある。こちらも週半分は在宅勤務だ。酒には強く、めったに酔わないと豪語する。むしろ「(酒を)飲むとエンジンがかかって仕事が進む気がする」とも。昨年夏から5回以上ビール、缶チューハイを飲んだ。

   まだ上司などから一度も指摘されていないが、こんなヒヤッとした出来事が。

「終業間際にお客さんから電話がかかってきて、結構お酒が入った状態で数十分対応した」

   客からは怪しまれなかったそうだが、いつも通りの声色とテンションで会話できていたか、若干心配だったと明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!