2021年 6月 13日 (日)

新型コロナ感染者数が連休中に増えなかった でも全然安心できないワケ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コールデンウイーク(GW)期間中、新型コロナの感染者はさほど増えなかった。東京や大阪では連休前の水準をやや下回った。3回目の緊急事態宣言による営業自粛や行動抑制などの呼びかけが効果を表したのか。

  • 検査数は通常の日曜日並みだった
    検査数は通常の日曜日並みだった
  • 検査数は通常の日曜日並みだった

重症者数は過去最高

   厚生労働省のウェブサイトに、全国の感染者(陽性)数とPCR検査数が掲載されている。それによると、感染者数は5月4日が4072人、3日は4458人。GW前の4月28日の5788人や24日の5433人よりも減っている。

   大阪もGW前は1200人前後だったが、GW最終日の5月5日は600人台に。東京も一時は1000人台になっていたが、GW後半は600~700人台に下がった。

   しかし、これをピークアウトと見るのは早計のようだ。実はGW中は検査数も減っている。同じく厚労省のサイトによると、全国の検査者は5月4日が2万7746人、3日が4万4186人。これに対し、4月28日は6万8106人、24日は5万8221人、23日は9万1286人。GW前は1日10万人を超えた日もあった。

   当然ながら東京都などの検査数もGW中は減っている。概ね通常の日曜日並みになっている。日曜日の感染者数は平日よりも減少する。同じような現象がGW期間中に起きていた可能性がある。

   一方で全国の重症者数は増えている。すでに1100人台になり、第3波のピーク時を超えて過去最高になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!