2021年 12月 5日 (日)

東京五輪テスト大会「札幌ハーフマラソン」 海外から参加たった6人の「深い意味」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京オリンピックのマラソンコースを使用したテスト大会「札幌チャレンジハーフマラソン」が5月5日午前、札幌市で行われた。コロナ禍が拡大する中での大会ということもあり、多数の課題を残す結果となった。

  • 東京五輪のマラソン競技は札幌で行われる
    東京五輪のマラソン競技は札幌で行われる
  • 東京五輪のマラソン競技は札幌で行われる

日本のコロナ対策どう見られているか

   大会のポイントの一つは、海外から何人ぐらいの有力選手が参加するかだった。海外のコロナ対策の進み具合や、日本のコロナ対策が外国からどう見られているかを推し量ることが出来るからだ。

   結果的には、海外からの参加者はオランダ、ドイツ、ケニア、マレーシア4か国の6人にとどまった。オランダとドイツからは、五輪マラソン内定選手が1人ずつ参加したが、マレーシアの2人は日本でいえば市民マラソンランナー並みのタイムしかも持っていない選手だった。

   そもそも、4月19日に概要が発表されたとき、海外からの参加選手名は明らかにされていないという異例の大会だった。朝日新聞は当時9か国の13選手と調整していると報じていたが、大会サイトで参加者名が公表されたのはレース前日の5月4日。ぎりぎりまで調整が難航していたことがうかがえる。結局、4か国の6人、それも知名度の低い選手が混じっており、開催を計画していた段階の思惑とは異なる結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!