2021年 6月 23日 (水)

横浜の大蛇だけじゃない「珍獣大脱走」 サーバルキャット、フラミンゴ、サル14匹

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   体長3.5メートルの巨大ヘビ「アミメニシキヘビ」が脱走した。神奈川県横浜市で、男性がペットとして飼っていた。2021年5月6日に逃げ出してから5日経ったが、11日夕現在見つかっていない。

   飼育していた珍しい動物の脱走劇、過去にも複数ある。

  • 肉食動物「サーバルキャット」も脱走する(画像はイメージ)
    肉食動物「サーバルキャット」も脱走する(画像はイメージ)
  • 肉食動物「サーバルキャット」も脱走する(画像はイメージ)

バッグに入れて外出した際に...

   今年3月、熊本県で20代女性が飼っていた南米原産のトカゲ「テグー」が脱走した。熊本日日新聞(電子版)によると、体長約50センチで、飼い主がバッグに入れて外出した際に逃げ出したという。その後、無事発見された。テグーは、一部の爬虫(はちゅう)類好きの間で人気のトカゲだ。

   2020年6月には、ネコ科の肉食動物「サーバルキャット」が静岡市の飼育施設から逃げ出した。この動物は人間に危害を加える恐れがある「特定動物」に指定されている。同年7月13日付の朝日新聞デジタルが、「16日ぶりに同市内で捕獲された」と伝えた。

   北海道の「旭川動物園」では、12年7月にフラミンゴが脱走した。同園の公式サイトによると、このフラミンゴは一週間後に小樽市で発見された。2009年4月には、「千葉市動物公園」から大型鳥「アフリカハゲコウ」が逃げ出しており、約72時間後に捕獲された例もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!