2022年 8月 15日 (月)

『大家さんと僕』の矢部太郎さん 「父の日」に合わせて新作『ぼくのお父さん』

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   『大家さんと僕』の大ヒットで知られるお笑い芸人・マンガ家の矢部太郎(43)さんが2021年6月17日、最新作『ぼくのお父さん』を新潮社から刊行する。父である絵本作家・やべみつのりさんと、自身の幼少期のエピソードを軸にした作品だ。6月20日の「父の日」にタイミングを合わせている。

40年前の東京・東村山が舞台

   『大家さんと僕』は矢部さんが初めて発表した漫画作品。2018年の第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した。120万部突破した人気シリーズだ。

   今回の『ぼくのお父さん』は受賞後初の作品となる。いつも家にいて、ずっと絵を描いているお父さん。ふつうじゃなくて、ふしぎでちょっと恥ずかしい。ただの変わり者? それとも――。絵本作家の「お父さん」と幼い「ぼく」の交流を描いたほのぼの漫画だ。

   40年前の東京・東村山が舞台になっている。つくし採取、自転車の二人乗り、屋根から眺めた花火・・・。子どもを見守りながら、常識にとらわれず、のびのびと子どもと向き合い、親自身も成長していくストーリーだ。40ページ超の描きおろし。芸人から急に漫画家にもなった矢部さんの「原点」がうかがえる作品でもある。全編オールカラーの豪華版となる。

   矢部さんはお笑い芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。いまや、手塚治虫文化賞の審査員にもなっている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!