2021年 6月 20日 (日)

茨城一家殺傷でまたデマ情報被害 「容疑者と同姓」がターゲットに

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   事件のたびに事実ではない情報がインターネットで広がり、全く無関係な人が被害を受けるーー。茨城県で2019年9月に起きた一家殺傷事件に関連して、また同じようなことが繰り返された。容疑者と同姓の会社が、間違って近親者の会社として名指しされ、バッシングを受けたというのだ。

  • またもデマや誹謗中傷が広がる事態となった
    またもデマや誹謗中傷が広がる事態となった
  • またもデマや誹謗中傷が広がる事態となった

誹謗中傷の電話

   茨城県警は21年5月7日、現場から30キロほど離れた埼玉県三郷市に住む26歳の男性を事件の容疑者として逮捕した。今のところ、被害者との接点は不明だ。認否も明らかにされていない。

   逮捕直後から、大手メディアでも、この男性が少年時代に起こしていた不可解な殺人未遂事件や動物虐待、ナイフへの執心、さらには最近、爆弾の材料となる硫黄を大量に入手していたことなどが報じられた。実家は資産家で、かなり大きな家に住んでいることなども。

   こうした報道を踏まえて、ネットでは、この男性の生育環境や実家などを探る動きが活発になる。そして容疑者の住居と同じ三郷市内にある、同姓の会社が、間違って容疑者の近親者の会社と指摘されることに。「弁護士ドットコム」によると、SNSなどで「(容疑者は)社長の息子」とする書き込みが相次ぎ、誹謗中傷などの電話が300本もかかってくるなどの被害を受けたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!