2021年 6月 23日 (水)

「油壷マリンパーク」閉館へ 昭和の「マリン」レジャー施設が続々消えていく

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   神奈川県にある水族館「京急油壺マリンパーク」が、2021年9月30日で閉館する。5月12日に運営元の京浜急行電鉄が発表した。

   昭和から長年、人々を楽しませてきたレジャー施設が2010年代以降、続々と閉館している。共通しているのは、老朽化と「マリン」という名前だ。

  • 各地で消えていく「マリン」のついたレジャー施設
    各地で消えていく「マリン」のついたレジャー施設
  • 各地で消えていく「マリン」のついたレジャー施設

「これ以上の維持管理は困難」

   「京急油壺マリンパーク」は、今から53年前の1968年4月に開業した。当時は「東洋一」といわれた大回遊水槽などが特徴だった。しかし、半世紀以上経ち、建物の老朽化が著しく、これ以上は維持管理が困難との理由で閉館する。

   ツイッターには、最後に行きたいがコロナで難しいとの嘆きや、幼い頃に行った際の思い出を投稿する人が目立つ。いずれも閉館を惜しむ声だ。発表を受けて、21年3月末で営業を停止した三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」を思い出す人も。

   「京急油壺マリンパーク」と同じく施設名に「マリン」が付いており、閉館理由は「建物・設備の老朽化が著しく、これ以上の維持管理は困難であると判断」したためだった。1970年の開館から、約51年間の歴史に幕を下ろした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!