2021年 6月 23日 (水)

「々」スマホでどう入力 おなじ、人々...実は一瞬でできる超簡単な技あり

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「々」という文字。人々、久々、度々と同じ字を繰り返すときに、下の字を略したことを示す「踊り字」である。、パソコンやスマートフォンで入力したいとき、どうするか。

   記者は「おなじ」と打ち込んでいるが、他にも方法はある。45人を対象に回答を募ったところ、多種多様な入力スタイルが明らかになった。

  • パソコンやスマートフォンで「々」と入力したいとき、どうする?
    パソコンやスマートフォンで「々」と入力したいとき、どうする?
  • パソコンやスマートフォンで「々」と入力したいとき、どうする?

久々、日々、云々、大塚寧々

   調査の結果、2タイプが多数派だった。

(1) 「々」を含む言葉を入力し、「々」以外を消す(24人)。例えば、久々と入力し、「久」を消す
(2)「おなじ」で変換(13人)
(1)ではどんな文字を打ち込むか、内訳を見ると、 以下の通りだ。
・徐々(1人)
・等々(2人)
・久々(7人)
・云々(3人)
・佐々木(2人)
・日々(6人)
・木々(1人)
・大塚寧々(1人)
・自分の名前(1人)

   その他、「くりかえし(4人)」、「どう(2人)」、「ノマ(2人/編注:カナの「ノ」と「マ」を組み合わせたように見える形であることから、「ノマ」とも呼ばれる)」と入力して変換する人がいる。また(2)と答えた人で、「『おなじ』と打つと『々』に変換できることに気付くまでは、『記号』と入力して変換していた」と明かした回答者もいた。

   大塚商会(東京都千代田区)の公式サイトには「『々』ってどうやって入力するの?」というクイズページがある。「解答」として、「おなじ」「くりかえし」「どう」の3つが紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!