2021年 6月 14日 (月)

有森裕子さんに続く「レジェンド」の反乱 柔道の山口香さん「東京五輪に意義ない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   柔道の元世界女王で、日本オリンピック委員会(JOC)の理事でもある山口香さんが、今夏に開催が迫っている東京五輪について「意義はない」と厳しい意見を表明し、注目されている。

   東京五輪をめぐってはマラソンのメダリスト、有森裕子さんが聖火リレー関連イベントへの参加を辞退したばかり。山口さんは現職のJOC委員でもあり、波紋を広げそうだ。

  • 東京五輪の開会式は7月23日、あと2か月だ
    東京五輪の開会式は7月23日、あと2か月だ
  • 東京五輪の開会式は7月23日、あと2か月だ

やめることすらできない状況

   この発言は2021年5月19日、共同通信のインタビューに答えたもの。山口さんは、「国民の多くが疑義を感じているのに、国際オリンピック委員会も日本政府も大会組織委も声を聞く気がない。平和構築の基本は対話であり、それを拒否する五輪に意義はない」と語っている。共同通信が開催可否の判断について聞いたところ、「もう時機を逸した。やめることすらできない状況に追い込まれている」と憂慮したという。

   この発言がヤフーニュースで報じられると、短時間のうちに、「まさしく、開催に意義を感じられる状況ではない」「自身の考えをしっかり発言しているのは立派だと思う」「大会組織関係の多くが聞く耳を持たないというのは大変残念なことだ」「五輪関係者でまともな意見を言うのは山口氏くらいだ」などと大量の賛同コメントが寄せられた。

   立憲民主党の蓮舫参院議員も、「JOC理事の重い発言です。JOC、組織委員会の反応があるのでしょうか」とツイートしている。

   山口さんは、13歳の時に全日本体重別選手権で優勝して以来10連覇。「女三四郎」とも呼ばれ、1984年の世界選手権で日本女子として初制覇した。88年ソウル五輪で銅メダル獲得。日本女子柔道界のレジェンドで、現在は筑波大学の体育系教授。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!