2021年 6月 14日 (月)

村上春樹さんがクラシック音楽の初エッセイ LP レコード約470枚をカラーで紹介

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   音楽に詳しいことで知られる作家の村上春樹さんが、クラシック音楽についての初エッセイ『古くて素敵なクラシック・レコードたち』を2021年6月末、文藝春秋から刊行する。クラシック音楽のLP レコード約470枚をカラーで紹介しながら曲への思いなどを語っている。

  • 村上春樹さん初のクラシックについての単著『古くて素敵なクラシック・レコードたち』
    村上春樹さん初のクラシックについての単著『古くて素敵なクラシック・レコードたち』
  • 村上春樹さん初のクラシックについての単著『古くて素敵なクラシック・レコードたち』

作品には3000曲以上が出てくる

   村上さんは無類の音楽好きで知られる。20代のころは、自らジャズ音楽の店を経営していた。デビュー作『風の歌を聴け』には早くもタイトルに「音楽」の香りがする。代表作の『ノルウェイの森』はビートルズの名曲にちなんでいる。短編小説集『1963/1982年のイパネマ娘』はボサノバのスタンダード曲の名からとっている。

   『1Q84』では、冒頭でタクシーのラジオから、ヤナーチェクの『シンフォニエッタ』が流れる。この曲は一躍有名になり、一時CDが売り切れ状態になった。『ノルウェイの森』にはタイトル以外に何曲かビートルズの曲が出てくる。

   研究者によると、これまでに発表された作品には合わせて3000曲以上が登場するという。ジャズ、ロック、クラシックなどジャンルはきわめて幅広い。

   村上作品は多くの言語に翻訳されている。したがって、読まれる時の文章は翻訳の影響を受ける。だが、作品に登場する音楽は、翻訳できない。いわば言語の壁を乗り越える「共通言語」となっている。音楽の持つそうした特性を早くから強く意識し、作品の重要な装置や通奏低音としてきたのが村上さんだ。

   そんなこともあって、日本人作家としては異例なほど、グローバルな作家とし、世界各国の読者から支持されてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!