2021年 7月 24日 (土)

新垣結衣の結婚におじさん連中ガチで落ち込む 恋愛感情とは違う?じゃあ何なの

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「星野なら仕方ないか」

   別の50代男性は、とくに新垣さんの大ファンではない。ただ、「娘が昔読んでいた雑誌に、当時10代そこそこの新垣さんがモデルで出ていて、その頃から知っています。結婚を知ったときは『おいおい』って感じ」と明かす。

   新垣さんは、2001年に女子小中学生向けのファッション誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得。2005年までは同雑誌の専属モデルを務めていた。

「こっちはニコラ時代からガッキーに目をつけていました。ずっと活躍ぶりをみていて、ここにきて急に星野源と結婚って。親心みたいなものがあったので、一瞬ショックだった」

   しかし、「誠実そうだし星野なら仕方ないか」と、結婚の事実を受け入れたと話した。

   別の40代の男性は、「まさか」と結婚が信じられなかったそうだ。

   この男性は、2008年に医療ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」を見て新垣さんのファンに。もちろん、新垣さんと星野さんが出会ったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」も全話見ている。「逃げ恥も、飾らない自然な演技が好きでした。そこで共演してガッキーの心を掴んだとは、星野さんはよっぽど素敵な方なのでしょうね」。

   最後に男性は「寂しさもありますが、ガッキーの幸せを一番に願っています」と話した。

   今回の結婚は、新垣さんを10年以上見つめ続けてきた男性たちの「親心」をざわつかせたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!