2021年 6月 24日 (木)

マッチングアプリで恋人探しがフツーの時代 3種類使い分け、狙いを定める

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの影響から、恋愛対象者との出会いの場も限られてきている。そんな中、若者の注目を集めているのが「マッチングアプリ」だ。

   アプリ上で出会うのは、今では当たり前。半面、相手の人柄が全く分からないまま対面するのは怖い気も。J-CASTトレンドは、アプリの利用者に赤裸々な体験談を聞いた。

  • マッチングアプリで恋人探しは当たり前
    マッチングアプリで恋人探しは当たり前
  • マッチングアプリで恋人探しは当たり前

公務員、外資系営業、自称社長

   東京都内在住の20代の女性Aさんは、これまでマッチングアプリを通して20人以上と実際に会った。

「公務員、外資系の営業マン、普通の大学生、ベンチャー企業の自称社長など、いろいろな男性がいました」

   マッチングアプリは複数種類があり、Aさんは常時3種類を使い分けている。中には審査に通過しないと登録できないものも。これには高学歴、高収入のいわゆる「ハイスペック」な男性が多く、女性たちはそれを見越して「狙いにいく」という。ただAさんによると、ハイスペックな男性はゴロゴロいるが、「稼いでいる人はどこか曲者が多い」。会う前にまず電話するが、そこで盛り上がらなければ「終わり」とのこと。

「常に5人、多い時には10人近くとやり取りしていました。誰が誰か分からなくなって疲れるし、会っても付き合いたいと思える人は滅多にいません」

   Aさんは、こう漏らす。現在も、交際相手は見つかっていない。

   2年ほど前からアプリを利用する20代女性Bさんも、最近アプリ利用に疲れを感じている。

「以前は仕事の後に食事に行くなど割と活用していましたが、今は緊急事態宣言中なのでなかなか(恋愛に)進まない」

と嘆く。メッセージでのやり取りが煩わしくなり、続かないパターンが相次いでいると明かした。

   これまで危険な目にあったことはないが、「少しでも怪しいと感じたら、会わずにフェードアウトします。お互い恋人探しとはいえ、中には変な人もいるからそこは自己責任で」と、慎重に判断している。

   一度アプリで出会った同年齢の男性と交際に至ったが、結局うまくいかずに別れてしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!