2022年 8月 15日 (月)

夕張メロン500万円!でも上には上が 「初競り」で飛び出す巨額にびっくり

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   世の中には、100万円以上する「超高級フルーツ」がある。2021年5月24日、「夕張メロン」の今年初の競りが行われ、最も高いものでは2玉270万円で競り落とされた。

   同日付「NHK NEWS WEB」によると、19年には2玉500万円で競り落とされたとも。こうした驚きの価格で競り落とされる食材は、ほかにもある。

  • あなたが食べているメロンも、超高額かも(画像はイメージ)
    あなたが食べているメロンも、超高額かも(画像はイメージ)
  • あなたが食べているメロンも、超高額かも(画像はイメージ)

高級ブドウひと房130万円

   まず、サクランボ。2021年1月5日に山形県の「天童青果市場」で行われた初競りで、「佐藤錦」に1箱100万円の価格がついたのだ。翌6日付けの朝日新聞デジタルによると、佐藤錦は地元の農家がハウス栽培したもので、1箱500グラム入り。現場ではどよめきが起きたという。

   競り落としたのは、山形県内の農作物販売会社の営業本部長。同紙の取材に対し「コロナ禍で経済界や農業界が大きな影響を受けている中、払拭できるようにと願いを込めて競りに参加した」と答えていた。

   ブドウもひと房100万円超えだ。2020年7月に石川県の「金沢市中央卸売市場」で、高級ブドウ「ルビーロマン」の初競りが行われた。山陽新聞(電子版)は同年7月16日付の記事で、この時出荷された100房のうちのひとつが130万円で落札されたと報じている。この時点で過去最高額とのことだ。金沢市の仲卸業者が落札し、石川県内の旅館が購入した。

マグロはケタ違いだった

   肉や魚には、フルーツよりももっとびっくりの値段がついている。

   一般的にも高級なイメージのある牛肉。鳥取県の「中央家畜市場」で2020年1月16日、和牛子牛の競りがあった。1月18日付朝日新聞デジタルによれば、この競りでメスの「みどりのこ3」という牛が過去最高額の855万4700円で落札されたという。

   それでも、上には上がいる。例年年明けに実施され、注目を集めるマグロの初競り。2019年、青森県大間産の本マグロに3億3360万円の価格が付いた。ケタ違いだ。

   落札したのはチェーン展開する「すしざんまい」の運営会社「喜代村」で、多くのニュースでも取り上げられ話題になった。19年1月5日付の日刊スポーツ(電子版)は、落札されたマグロは278キロで、1キロ120万円だと伝えている。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!