2021年 6月 17日 (木)

IOC幹部の態度が鼻につく 日本でコロナ感染拡大しても「それより五輪」か

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「緊急事態宣言下でも東京五輪を開催する」

   国際オリンピック委員会(IOC)幹部のこんなタカビーな発言が、日本人の神経を逆なでしている。IOCはなぜあんなに偉そうにしているのか。

  • アマチュアスポーツの祭典だった五輪は、プロも含めた巨大ビジネスに
    アマチュアスポーツの祭典だった五輪は、プロも含めた巨大ビジネスに
  • アマチュアスポーツの祭典だった五輪は、プロも含めた巨大ビジネスに

「ホテルは5つ星」

   IOCのジョン・コーツ副会長は、「世論の反対が強くても我々は我々の仕事をするだけだ」と記者会見で語った。トーマス・バッハ会長も、「我々は五輪に犠牲は支払わなければならない」と述べた。あとで「『我々』は『日本国民のことではない』」と修正したが、時すでに遅しだ。怒りの声はネットにとどまらなかった。

   作曲家の三枝成彰さんは日刊ゲンダイで、「今回の発言を聞いて、西洋人はやはりアジア人を見下しているのだな、と思った。日本人を、まるで奴隷か召し使いのようにしか思っていないように見える。はっきり言って国辱ものだ」と怒りをぶちまけた。

   五輪で来日するIOC幹部は高級ホテルに宿泊するということも報じられている。それだけに、「失言相次ぐバッハ会長 『ホテルは5つ星』のVIP来日に冷視線」(女性自身)などという冷ややかな記事も出ている。少なくとも多くの日本人がIOC幹部を歓迎するという雰囲気でないことは確かだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!