2021年 6月 23日 (水)

OPPOスマホ「顕微鏡モード」の実力 ライバルの高倍率カメラ機種とココが違う

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   スマートフォン(スマホ)ブランドのOPPOが発売する新機種は、ソニーと共同開発したセンサーを搭載したカメラで「10億色」の写真が撮影可能だ。

   さらに、60倍まで拡大して撮影できる「顕微鏡モード」も搭載している。スマホとしてはかなりの高倍率に思える。専門家に、その実力を診断してもらった。

  • SIMフリーモデルでも発売される「OPPO Find X3 Pro」
    SIMフリーモデルでも発売される「OPPO Find X3 Pro」
  • 最大60倍の顕微鏡モード 遊びとして楽しめるかも
    最大60倍の顕微鏡モード 遊びとして楽しめるかも
  • SIMフリーモデルでも発売される「OPPO Find X3 Pro」
  • 最大60倍の顕微鏡モード 遊びとして楽しめるかも

中韓スマホで「倍率競争」

   「OPPO Find X3 Pro」のリリース文では、「洋服の繊維」「植物の葉脈」といった身近にある物を撮影することで「新しい一面」を体感できるとして推奨している。このような顕微鏡モードは「業界初」とのことだ。

   au(KDDI)から6月下旬に、また7月中旬からSIMフリーモデルが発売される。希望小売価格は、auでは調べた限り発表されていないが、SIMフリーモデルは11万8000円(税込)だ。

   スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏によると、3~5年前から最近まで、中国や韓国のスマホメーカーの間ではカメラの「倍率競争」が行われていた。中国ファーウェイからは50倍まで拡大できるカメラが備わった機種が、また韓国サムスン電子の「ギャラクシー」ブランドからは、最大100倍のカメラ搭載モデルが、これまでに登場している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!