2021年 6月 25日 (金)

日清カップヌードル「フタ止めシール」廃止決定 容器の開け口2つに変更

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日清食品の「カップヌードル」の「フタ止めシール」が廃止される。2021年6月4日に発表された。

   「フタ止めシール」は、カップヌードルの底面に付属するシール。お湯を注いでできあがりを待つ間、フタを閉じておくために使う。正式名称は「タックシール」。1984年に登場した便利アイテムだが、これからは代わりにフタの形状を変更するとのことだ。

  • フタ止めシールが廃止に(画像はカップヌードル公式ツイッターから)
    フタ止めシールが廃止に(画像はカップヌードル公式ツイッターから)
  • 新たに採用されるWタブ(画像は日清食品プレスリリースから)
    新たに採用されるWタブ(画像は日清食品プレスリリースから)
  • フタ止めシールが廃止に(画像はカップヌードル公式ツイッターから)
  • 新たに採用されるWタブ(画像は日清食品プレスリリースから)

「Wタブ」採用でフタ止める

   日清の「カップヌードル」公式ツイッターは、6月3日昼に「さようなら、全てのフタ止めシール」とツイート。翌4日11時に何かしらの発表を行うとして、廃止をにおわせていると感じたユーザーからは「なくなってしまうのか」と驚きの声が上がっていた。

   シール廃止後は、シールがなくてもフタを止められるように、開け口を2つに増やしたフタ「Wタブ」をレギュラーサイズのカップヌードルで採用し、21年6月から順次切り替えを行うという。

   フタから二つ飛び出ている「タブ」部分をそれぞれ容器側へ向けて折ることで、フタをしっかりと止められるという。ねらいはプラスチック原料の使用量削減で、シールを廃止することで年間33トンのプラスチックを減らせるとのこと。

   慣れ親しんだタックシールの廃止により、ツイッターユーザーからは別れを惜しむ声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!