2021年 6月 17日 (木)

ワクチン接種が東京五輪に間に合わない 「1日100万人」でも効果は4~6週間後

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナワクチンの接種が少しずつ広がっている。このペースで進むと、東京五輪前にはかなりの接種率になるのではないかという期待感も一部で出始めている。

   ひょっとして東京五輪は滑り込みセーフで、「安心安全」な大会にすることができるのか。

  • 東京五輪では世界中から大勢の人がやって来るが、ワクチンの予防効果は100%ではない
    東京五輪では世界中から大勢の人がやって来るが、ワクチンの予防効果は100%ではない
  • 東京五輪では世界中から大勢の人がやって来るが、ワクチンの予防効果は100%ではない

開幕までに接種率は3割弱の見通し

   野村総研は2021年5月31日、ワクチン接種と、その後の状況についての見通しを公表している。日経新聞がその内容を報じている。イスラエルや英米など先行国の接種状況から、以下のことが分かったという。

・1回目接種率が2割前後に届くまでの間に新規感染者数が減少へと転じ始める。
・1回目接種率が4割前後に達したあたりから、新規感染者数の減少傾向が明確になる。
・2回の接種率が4割前後に近づくにつれ、新規感染者数の抑制・低減傾向が強まる。

   こうしたデータを日本に当てはめると、1日最大100万回の接種ができることを前提とした場合、五輪が開幕する7月23日段階の1回目ワクチン接種率は約29%。4割に達するのは8月20日、「2回接種率 4割」は最短で9月9日だという。

   これは「1日100万回」を前提としているので、回数が増えれば早まる。逆に回数が1日80万回となった場合には、日本が1回目ワクチン接種率 4割に達する日は9月10日までずれ込むという。

   かなりのペースで接種が進んでも、実態として「抑制・低減傾向」が明確になる前に、五輪に突入することになりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!