2022年 7月 2日 (土)

コロナワクチン陰の主役「ビオンテック」 ファイザーと共同開発、中国とも提携

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ノーベル賞を取るか

   ビオンテック社にはもう一人、著名な「移民科学者」がいる。カタリン・カリコ博士だ。NHKが単独インタビューして5月末、詳細を報じている。

   それによると、ハンガリーで生まれ育ったカリコ氏は大学で生化学の博士号を取得。同国の研究機関で働いていた。しかし、研究資金が打ち切られたことから1985年、夫と娘の3人で米国に渡った。

   ペンシルベニア大学などで「mRNA」の研究をしていたが、苦難の連続。2005年になってようやく、当時の同僚らと、今回のワクチンの開発につながる革新的な研究成果を発表、さらに08年にも追加発表した。

   論文は当時あまり注目されなかったが、ビオンテック社がこの研究の価値に気づき、カリコ博士は2013年に同社に招かれた。19年からは上級副社長を務めている。

   NHKによると、「mRNA」は、体内で炎症反応を引き起こしてしまうため、長年、薬などの材料として使うのは難しいと考えられていた。しかしが、カリコ博士らはmRNAを構成する物質の1つ「ウリジン」を「シュードウリジン」に置き換えると炎症反応が抑えられることを発見。現在、日本で接種が始まっているファイザー=ビオンテックが開発したワクチンとモデルナのワクチンは、ともにこの研究成果による技術を使っているという。

   カリコ博士は、基礎医学の発展に寄与した功績が認められ2020年、ノーベル賞受賞者も多く受賞している米国の医学賞、ローゼンスティール賞を受賞。欧米の研究者などからは、ノーベル賞に値するという声もあがっているそうだ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!