2021年 6月 13日 (日)

「進撃の巨人」最終巻やっぱり転売に 特装版が「鬼滅の刃」思い出す高額

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   人気コミック「進撃の巨人」(講談社)の最終巻となる34巻が発売された。通常版のほかに、「特装版 Beginning(ビギニング)」と「特装版 Ending(エンディング)」の2種類が発売される。

   「ビギニング」は書店・インターネット書店のみ、「エンディング」はコンビニエンスストア店頭のみで、それぞれ限定販売だ。いずれも「特装版」は、早くも転売が横行している。

  • 特装版は2種類存在する(画像は講談社公式サイト「コミックプラス」から)
    特装版は2種類存在する(画像は講談社公式サイト「コミックプラス」から)
  • 特装版は2種類存在する(画像は講談社公式サイト「コミックプラス」から)

日付が変わったころから

   進撃の巨人は2009年に「別冊少年マガジン」10月号(講談社)で連載を開始した。11年以上にわたってほとんど休載を挟まず、2021年4月9日発売の5月号で完結した。連載終了時には俳優の広瀬アリスさんが「最終回かぁ 喪失感」とツイートするなど、別れを惜しむ声が相次いだ。

   34巻は2021年6月9日に発売。ビギニングには連載前のネーム(コマ割りやせりふを描いたラフ)2話分を収録した小冊子が、エンディングには最終回とその直前の回のネームを収録した小冊子が、それぞれ付いてくる。

   一方で日付が6月9日に変わるころから、フリマアプリ「メルカリ」にはコンビニ限定「エンディング」の出品が相次いだ。ファンからは「もう転売されている」と、転売行為や店頭での売り切れに嘆くツイートが複数みられる。

   書店・ネット書店限定「ビギニング」も9日11時現在、メルカリに出回っている。

   いずれの特装版も定価1100円(税込・以下同)だが、およそ1700円〜2200円の転売品が数十件みられ、両方セット4000円前後で売り出す出品も30件ほど存在する。

   オンライン書店を見ると、ビギニングは紀伊国屋書店・楽天ブックス・TSUTAYA通販サイトいずれも売り切れで、アマゾンもアマゾン公式からの出品は完売。他の業者から2200円前後で出品されている。なお、通常版についてはいずれのオンライン書店にも在庫がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!