2021年 8月 5日 (木)

塩野義製薬「国産ワクチン」年内に3000万人分生産へ 「業界9位」どんな会社

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「ミュージックフェア」のスポンサー

   日本でワクチン開発に取り組んでいるのは第一三共、KMバイオロジクス、アンジェス、塩野義製薬の4社。アンジェス社が唯一、臨床試験の第2段階まで進んでおり、年内に第3段階にあたる「第3相試験」を実施する意向だ。

   アンジェスがトップを走り、他の三社が追う、というのが現在の構図だ。にもかかわらず、しばしば塩野義の動きが報じられるのはなぜか。一つには塩野義のトップが積極的にメディアに対応していることがありそうだ。

   今回の読売記事では、木山竜一・上席執行役員医薬研究本部長が答えているが、同氏は2月16日には朝日にも登場している。手代木功社長は時事通信などのインタビューにも応じている。

   塩野義のルーツは1878(明治11)年、大阪で開店した薬種問屋「塩野義三郎商店」。当主の名前をとって塩野義製薬となった。薬品業界の売り上げは9位あたり。4位の第一三共の3分の1程度にとどまるが、長年、「ミュージックフェア」のスポンサーをしていることで知名度は高い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!