2021年 6月 21日 (月)

「アイリスオーヤマ」1年でマスク26億枚作った その数「シャープマスク」の13倍

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   生活用品の製造販売を手がけるアイリスオーヤマが、2020年1月~12月の期間で、マスク市場で累計販売枚数1位を獲得した。実は、昨年1年間で同社は約26億枚もマスクを生産していた。

   2020年は、新型コロナ対策で多くの企業が生産に乗り出した。ただ生産量はアイリスオーヤマが群を抜いていたようだ。

  • アイリスオーヤマ宮城県「角田工場」でのマスク生産の様子
    アイリスオーヤマ宮城県「角田工場」でのマスク生産の様子
  • アイリスオーヤマ宮城県「角田工場」でのマスク生産の様子

国内外6つの工場

   アイリスオーヤマの発表によると、マーケティングリサーチを行うインテージが調査した日本国内のマスク市場で、累計販売枚数が首位だった。同社は新型コロナウイルスが現れる10年以上前、2007年からマスクの生産を始めている。中国の大連工場と蘇州工場で製造を続けてきた。

   2020年、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが入手困難になる状況が長引いた。同社は宮城県にある「角田工場」の一部を改修し、国内でもマスクの生産をスタートさせた。

   さらに、生産体制を分散。米ウィスコンシン工場、韓国の仁川工場、フランス工場も新たに生産拠点に加え、段階的に生産量の拡大をはかった。その結果、国内外6工場合わせて約26億枚に達したのだ。

   これだけ大量に生産すれば、販売枚数が比例して伸びるのもうなずける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!