2021年 6月 19日 (土)

ワクチン接種で「特典」に批判も 「若者も順番が早まる」自治体がメリット強調

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスのワクチンを接種すれば、商品券や割引サービスが受けられる――こうした「ワクチン特典」を打ち出す自治体や企業が増えている。

   高齢者を中心に接種が進むが、若い世代にまで行きわたるには時間がかかりそうだ。テレビで「ワクチン特典」が取り上げられるとツイッターには、それより先に接種券が欲しい、高齢者だけ特典を受けられてずるい、と厳しい意見も。J-CASTトレンドは、特典を用意する自治体側にその意図を聞いた。

  • ワクチン接種で「特典」つける自治体続々(画像はイメージ)
    ワクチン接種で「特典」つける自治体続々(画像はイメージ)
  • ワクチン接種で「特典」つける自治体続々(画像はイメージ)

「打ちたくても打てない人」いるが

   神奈川県横須賀市では、2021年6月中旬から「ワクチン接種推進キャンペーン」を行う。市内で共通のポスターを掲示するほか、キャンペーン協力店舗でワクチン接種済証を提示すると、特典サービスが受けられる。

   市の文化スポーツ観光部商業振興課を取材すると、「打てるようになったら打ちましょう」と接種を促すアピールのために、同キャンペーンを今から始めると担当者は説明した。現在はまだ接種を受けられない人の方が多いと前置きしつつ、キャンペーンを通して「接種を迷っている人や、『後でいいや』と思っている人に少しでも早く受けていただけたらとの思いがあります」と明かす。

   インターネット上に出ている一部の厳しい意見について、打ちたくても打てない人がいる中で、特典という言葉を聞いてフラストレーションを感じることに担当者は理解を示した。ただ、上の世代の接種が迅速に進めば、下の世代にも順番が早く回ってくる。「集団免疫を獲得する、という意味では皆さんにメリットがあるものと考えています」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!