2021年 7月 26日 (月)

高2で「京大医学部合格」の衝撃 「飛び級」が日本の閉塞状況を打ち破る

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   京都大学医学部に今春、「飛び級」で入学した学生がいることが話題になっている。愛知県出身の林璃菜子さん。将来は研究医になり、「今は治せない病気の治療法を見つけたい」という。

   長引く新型コロナウイルスとの闘いで、対応の遅れが指摘される日本にとって、大いに元気づけられるニュースだ。

  • 将来が楽しみな若者のニュースは、日本を元気づけてくれる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
    将来が楽しみな若者のニュースは、日本を元気づけてくれる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)
  • 将来が楽しみな若者のニュースは、日本を元気づけてくれる(写真はイメージ、本文とは関係ありません)

受験ワールドの超秀才として有名

   林さんの快挙を報じたのは2021年5月22日の朝日新聞朝刊「ひと」欄。林さんは、国際化学オリンピック日本代表としてメダルを獲得するなど、数々の大会で優秀な成績を収めており、「特色入試」として同学部が2016年度入学の試験から設けた資格を満たしたという。同紙の取材に林さんは、「ノーベル賞受賞者が多く、医学の研究が強いイメージ」の京大で、研究医になることをめざす、と語っている。「今は治せない病気の治療法を見つけたい」とも。

   京大医学部は、東大医学部と並んで大学受験ワールドの最難関。そこに現役合格するだけでも大変なのに、飛び級ということで、記事が公開されると衝撃が走った。

   「真の天才型」「こういう人の支援を文部科学省はどんどんすべきです」など1700以上のコメントが付いた。

   林さんは以前から受験ワールドの超秀才として有名だったようだ。インターネットでは「高1で東大理III(医学部)A判定」「数学、物理、生物、地学でオリンピック級、あと地理もオリンピック級」「英検も1級」「囲碁部員として全国高校囲碁大会で準優勝」などの情報が溢れた。「飛び級で京大医学部に受かった人がいると聞いて、彼女だと思った」というような書き込みも、多数あった。

   飛び級制度入学制度を設けている大学はいくつかあるが、難関大学・学部ではほとんどない。それだけに林さんの偉業が注目されることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!