2021年 8月 2日 (月)

山手線停電「車内に2時間半閉じ込められた」 蒸し暑さと混雑、乗客の過酷体験談

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都のJR山手線などで2021年6月20日に送電トラブルが発生し、複数路線で運転を見合わせた。J-CASTトレンドの取材に応じた「スタジオるんばHP管理人」さんは17時半ごろ、山手線乗車中の目黒駅〜五反田駅間で停電に巻き込まれた。この後、合計で約2時間30分の間、車内に閉じ込められることとなる。

   夏場に混雑する電車で立ち往生した時、何が起こるのか。「スタジオるんばHP管理人」さんの体験談と、専門家による対策手段を聞いた。

  • ようやく降車し、目黒駅に向かって線路を歩く(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
    ようやく降車し、目黒駅に向かって線路を歩く(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
  • 停電となった山手線の車内(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
    停電となった山手線の車内(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
  • 東京の交通を支える山手線だが(写真はイメージ)
    東京の交通を支える山手線だが(写真はイメージ)
  • ようやく降車し、目黒駅に向かって線路を歩く(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
  • 停電となった山手線の車内(写真は「スタジオるんばHP管理人」さんの提供)
  • 東京の交通を支える山手線だが(写真はイメージ)

絶対に車両にトイレを確保して

   「スタジオるんばHP管理人」さんが最も不安を感じたのは、トイレだ。今回は乗車前に用便を済ませていたことが幸いしたほか、便意を抑える薬を服用したことにより、問題はなかった。

   それでも車内の状況は過酷だ。空調と照明が切れたため、車両の窓を開放したが、人が密集した車内では蒸し暑い状況が続いた。復旧のめどがたたない旨を告げる車内放送が繰り返され、「駅が目の前にあるのに降車の許可が下りずに、開放されないもどかしさを感じ続けました」。

   乗客の間では当初、座席の譲り合いもみられたが、後半になると体力が尽きてその場に座り込む人が増えていった。途中で、降車のための手続きを駅で行っているとの車内放送が流れるも、時折、一部の乗客からは「早く(対処を)してくれ」との声も上がったという。最終的には職員の誘導を受けて降車。線路上を徒歩10分ほど歩き、目黒駅にたどり着いた。

   今後電車を利用する時には事前にトイレを済ますことや、スマートフォンのバッテリーの確保、飲み物の用意に注意していきたいとのこと。最後に、「非常時には今回のように乗客を閉じ込めるのが前提ならば、絶対に車両にトイレを確保してほしいです」との要望を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!