2021年 7月 27日 (火)

4K有機ELレグザ「X8900K」 低反射パネル&新映像処理エンジン搭載

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   TVS REGZA(旧・東芝映像ソリューション)は、4K有機ELテレビ「X8900K」シリーズを2021年6月25日に発売する。

  • 様々な視聴環境に合わせて画質を自動調整、手軽に高画質を堪能
    様々な視聴環境に合わせて画質を自動調整、手軽に高画質を堪能
  • 様々な視聴環境に合わせて画質を自動調整、手軽に高画質を堪能

4K液晶テレビ「Z670K」も同日発売

   映り込みを低減する「低反射有機ELパネル」、新たな高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZR I(ゼットアール・ワン)」を搭載。ガンマ/輝度の両特性に独自のチューニングを施した同パネルと、高度なダイナミックガンマ制御を実現した同エンジンの組み合わせにより、明るいリビングでも有機ELテレビならではの臨場感ある美しい映像を楽しめるという。


   不自然にカラーシフトした肌を検出して補正する「ナチュラル美肌トーン」、視聴環境に合わせて輝度や精細感を自動で調整する「おまかせAIピクチャーZR I」、クラウド連携により高精細な映像を再現する「地デジAIビューティZR I」、ネット動画を高画質で楽しめる「ネット動画ビューティZR I」などの高画質技術を実装。

   音響面では、立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビー・アトモス)」対応、クリアな高音から重低音まで臨場感あるサウンドを楽しめる「重低音立体音響システムXP」を搭載する。

   付属のリモコンに「ABEMA」「Hulu」「YouTube」などの動画配信サービスのダイレクトボタンを装備。好みのサービスへ簡単にアクセスできる。そのほか多彩な動画配信サービスに対応する。

   4K衛星放送チューナー×2、地上デジタル/BS/110度CSデジタルチューナー×3を内蔵。外付けハードディスクを接続すれば番組録画が可能だ。

   ラインアップは、65V型「65X8900K」、55V型「55X8900K」、48V型「48X8900K」3モデル。


   このほか、広視野角・スリム直下型の高輝度倍速パネル、「レグザエンジンZR I」を搭載した4K液晶テレビ「Z670K」シリーズを同日発売。65V/55V/50V/43V型の4サイズを用意する。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!