2021年 8月 4日 (水)

選手村にラウンジ&カフェ「docomo 5G LOUNGE」設置 多言語対応で「おもてなし」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   NTTドコモは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催中、「選手村ビレッジプラザ」のE東内にインターネットラウンジ&カフェの「docomo 5G LOUNGE」をオープンする。

   5G(第5世代移動通信システム)通信環境を整備。スマートフォン(スマホ)を活用し、選手のくつろぎの空間を演出。多言語対応やキャッシュレス注文サービスで「ドコモならではのおもてなし」を選手村で提供していく。

  • 「docomo 5G LOUNGE」のイメージ くつろぎの空間を演出
    「docomo 5G LOUNGE」のイメージ くつろぎの空間を演出
  • 「みえる応援電話」で応援のメッセージを受け取ることができる
    「みえる応援電話」で応援のメッセージを受け取ることができる
  • 多言語をスマートフォンで翻訳してくれる
    多言語をスマートフォンで翻訳してくれる
  • 「docomo 5G LOUNGE」のイメージ くつろぎの空間を演出
  • 「みえる応援電話」で応援のメッセージを受け取ることができる
  • 多言語をスマートフォンで翻訳してくれる

応援メッセージをディスプレーで

   まず目を引くサービスは「みえる応援電話」。通話相手の音声をリアルタイムで文字に変換できるドコモの「みえる電話」の技術を活用。「みえる応援電話」で人々が話した応援メッセージが、選手村ビレッジプラザ内のディスプレーに文字として表示される。

   文字は8言語に対応。また日本語の場合、録音された音声メッセージをヘッドフォンで聞ける。「みえる応援電話」でメッセージを送りたい場合、ドコモの特設サイトから応援電話をかけられる。

   また世界中から集う選手に合わせて、多言語対応サービスも実施。スマホやタブレットのアプリを通じて会話を自動で翻訳し、通訳のサポートを受けているかのように様々な言語の相手と会話できる。カフェのメニューや施設の案内に役立ち、料理のできあがりを知らせるなど、カフェスタッフの業務もサポートする。

   対面で会話するときには英語や中国語など13言語に対応。またアプリで通話するときに翻訳する機能(3言語)や、撮影した画像の文字を認識し、翻訳(12言語)してくれる機能も備えている。

   さらに「docomo 5G LOUNGE」ではオンライン注文サービスを導入し、接触機会や注文時の混雑を軽減する。スマホで二次元コードを読み取れば、インターネットから注文や決済ができる。他にもインターネットPCコーナーやテレホンカードを買える国際電話コーナーを設置。通信面などから選手の生活を支える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!