2021年 8月 2日 (月)

ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」 ニンテンドースイッチ版発売しない謎を解く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   家庭用ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚(けっぷうたん)」が、2021年10月14日に発売予定だ。だが、「Nintendo Switch」(スイッチ)版はない。この点、一部のファンの間で話題となっている。

   発表されている対応プラットフォームは、プレイステーション4(PS4)・PS5・Xbox One・Xbox Series X/S・そしてパソコン向けの「Steam」だ。人気作品のゲーム化にあたり、なぜスイッチ版は発売されないのか。

  • ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」 「無限列車編」までのエピソードを収録
    ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」 「無限列車編」までのエピソードを収録
  • ゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」 「無限列車編」までのエピソードを収録

新作アニメ放送開始もポイントか

   ゲームを専門とするライター・渡邉卓也氏によると、まず「スイッチのスペック自体が足りていない」と指摘する。スイッチはPS4・PS5やXbox Oneなどに比べて、映像の描写能力において性能的に不足している面がある。

   「ヒノカミ血風譚」は「アニメの絵をゲームに落とし込み、さらにゲームとしても見栄えするものとして企画された」というのが渡邉氏の推測。クオリティーの高い表現を行うには、ある程度性能のあるゲーム機でないと難しいのだという。こうしたゲームをスイッチでも遊べるよう調整するには、手間がかかると考えられる。

   また、「鬼滅の刃」という作品をめぐって「時間的な問題」が存在するのではないかとも指摘。基本的に「ヒノカミ血風譚」は、すでにアニメや映画で放送・放映されたキャラクターとストーリーを描いている。

   一方で、「鬼滅の刃」の新作アニメは2021年内に放送を控える。もしもゲームの発売が遅くなったところで新アニメが始まり、新たな登場人物が描かれると、「ヒノカミ血風譚」では「(アニメは新しい展開になっているのに)以前のアニメのキャラクターしか使えない」という状況に陥ってしまうというのだ。

「現段階でアニメに出ているキャラクターでゲームを作り、かつスケジュールに合わせなければならないことを考えると、手間のかかるであろうスイッチへの移植は後回しになると考えられます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!