2022年 5月 25日 (水)

ミスタードーナツ閉店相次ぐ 4年間で国内200店減、ツイッターに「目撃情報」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

海外の店舗は急増

   たとえば、都市部の鉄道の「駅ナカ」に対応できるタイプの店舗を出店している。テイクアウト専門のミスタードーナツは東京・新宿駅などにあり、通勤途中に気軽に利用できる。これまで以上に「よりテイクアウトしやすい店」を作っている。また、「出前館」でのデリバリーや、「ネットオーダー」の導入など時代に合った取り組みも。こうした試みを通じて、「今度もより利用しやすい店舗を展開していきます」とした。

   工夫を凝らした商品に注目が集まることも多々ある。2021年のバレンタインシーズンに展開された「ピエール マルコリーニ コレクション」は大人気で、各店舗で売り切れが続出。行列ができて入手できないと話題になった。

   国内に限らず台湾、タイ、フィリピン、インドネシアでも事業展開している。海外のミスタードーナツの店舗数の合計は、2017年3月期の発表では4190店だったのに対し、21年3月期では7892店と4年で大きく伸ばしている。

   海外の店舗には、日本と同じように1つの店としてショーケースや客席を設けているタイプと、コンビニエンスストアなどのショーケースでの販売する2つのタイプがある。ここ数年でショーケース販売の店が増えており、海外でも各エリアのニーズにあわせて今後も店をさらに展開していく予定だと広報担当者は話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!