2021年 8月 3日 (火)

■宝塚記念「カス丸の競馬GI大予想」
クロノジェネシスの連覇なるか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。今週はいよいよ春・GIの有終の美を飾る宝塚記念(2021年6月27日、阪神競馬場、芝2200メートル)だじぇい。ぜんぶで13頭の参戦だけど、無敗三冠馬のコントレイルは疲れが取れず、同じく無敗三冠牝馬のデアリングタクトはケガで欠場きゃすう。グランプリというには、ちょっと寂しいメンバーになったけど、昨年優勝のクロノジェネシスや大阪杯でコントレイルやグランアレグリアを封じたレイパパレなどが出走するからそれなりに熱い戦いになるきゃすう。梅雨時に行われるこのレースは、ときどきトンデモなく荒れるけど、穴狙いのカスヨ姉さんの本命◎はアリストテレスだじぇい。そんな大穴でもないきゃすう。

クロノジェネシスの心配な点とは

   カスヨ まあ、今年は最初からグランプリ狙いという馬は半分くらいといわれていたから、実質は6、7頭の争いによるレースなのよ。だから穴狙いのわたしとしても、人気薄のトンデモ穴馬を選ぶわけにもいかないのよね。アリストテレスも人気の一角だからね。アリストテレスは昨年の菊花賞(GI、京都、3000メートル)でコントレイルを僅差まで追い詰めたから長距離馬と見られているけど、菊花賞自体は実質2000メートル走れればこなせるレースと言われているから、今年5月の春の天皇賞(GI、阪神、3200メートル)で4着だったことからも中距離馬と見ていいと思うわ。今年1月のアメリカジョッキークラブカップ(GII、中山、2200メートル)では不良馬場の中で優勝しているから、道悪適性はあるし、雨が降っても大丈夫。鞍上はレジェンド、ユタカちゃん(武豊騎手)に乗り替わるから安心だし、ここはチャンスのはずよ。

   カス丸 多少、人気が落ちるなかで好配当ねらいというわけきゃすう。春のGI絶好調でがっぽり稼いだガジュマル爺の本命◎はキセキだじぇい。こちらも7歳で人気が落ちるきゃすう。

   ガジュマル爺 7歳馬とはいってもわしに比べればまだまだ赤ん坊みたいなもんじゃ。実際、この馬は歳のわりには若いパワーがあるんじゃ。前走の香港、クイーンエリザベス2世カップ(GI、シャンティ、2000メートル)では4着に踏ん張ったのがいい例じゃ。海外帰りじゃが、今回は調教もパワフルで歳なんかまったく感じさせないものじゃった。ここ2年は逃げの粘りこみというイメージが強いが、もともとはそうでもなくいろんな戦法がとれる馬なんじゃ。4年前の菊花賞では、最終の4コーナーを回ったところで、なんと18頭立ての12番手だったんじゃが、一気に詰めて差し切った。その時が、強雨の中の不良馬場じゃ。前の馬の泥を浴びて真っ黒になってゴールに飛び込んできたすさまじい姿がいまも思い出されるわい。鞍上の福永祐一騎手は、この春日本ダービーを2連覇するなど大活躍じゃった。春競馬のフィナーレを飾るにはふさわしいジョッキーじゃ。「やっぱり、菊花賞馬は強い」ということを証明してくれるはずじゃ。

   カス丸 ふーん、でも最近はスタートが悪いきゃすう。ボーとして出遅れたり、行き脚がつかなかったり、やっぱり歳の影響もみられるじぇい。カスヨさんはそのキセキが対抗〇、爺はクロノジェネシスだじぇい。カスヨさんはクロノが単穴▲きゃすう。本命にしない理由は何きゃすう?

   カスヨ わたしの理由はハッキリしてるわよ。まずは前走がドバイでのレースだったことね。初の海外帰りという点でどうしても疲れが心配になるわ。第二は、昨年克服しているとはいえ牝馬にはつらい斤量(負担重量)56キロという点ね。そしてここが結構意外かもしれないんだけど、今回は鞍上が乗り替わりで、宝塚記念と相性の悪いルメールちゃん(クリストフ・ルメール騎手)ということね。まあ、馬の力はトップクラスだから、去年のようにあっさり大差で勝つこともあるかもしれないけど、競馬はその都度がらりと変わるからね。

   ガジュマル爺 わしもカスヨと似た理由じゃな。2着になったドバイシーマクラシック(GI、メイダン、2400メートル)から約3か月。たしかにレース間隔があいたとはいえ、気がかりなのは海外レースと慣れない長旅の、目に見えない疲れじゃな。鞍上も乗りなれた北村友一騎手(落馬負傷のため)が乗れないという点じゃ。これもどう出るかじゃな。

   カス丸 気になる週末の天気だけど、土曜の夕方から雨が降り出し、レース当日は昼くらいからそれなりに降るようだじぇい。最近よくあるゲリラ豪雨にやられたりしたら、結構重たい馬場になるきゃすう。そんな馬場で浮上する馬が要注意だじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!