2021年 7月 28日 (水)

「ワクチン詐欺」若い世代を狙い始めた 電話やショートメッセージで予約誘う手口

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスのワクチン接種が、若い世代にも広がってきた。大規模接種センターで、18~64歳を対象とした接種が始まり、すでに接種券が配布されている自治体もある

   これまでは接種の対象となっていた高齢者を狙い「ワクチン詐欺」が発生していたが、最近では若年層もねらわれているようだ。国民生活センターは、ワクチン接種に関連した電話やショートメッセージ(SMS)などに対し注意を促している。

  • ワクチン詐欺、狙われるのは高齢者だけじゃない
    ワクチン詐欺、狙われるのは高齢者だけじゃない
  • ワクチン詐欺、狙われるのは高齢者だけじゃない

申し込んだクリニックは「架空」

   国民生活センターは、最近寄せられた相談の事例を公開している。たとえば、30代女性のスマートフォンに、「新型コロナウイルス予防ワクチン受付中。アプリのインストールしてください」という内容のSMSが届いた。女性は、メッセージが届いた時点ではワクチン接種の対象ではなく、これは詐欺ではないかと疑い同センターのホットラインに相談した。

   50代の女性は、ワクチンを早く接種したいと思っていたところ、居住する自治体のクリニックがワクチン接種の予約をSNSで募集していたため、ウェブサイトから申し込んだ。しかし、予約後にクリニックをインターネットで検索しても見つからず、申し込み完了のメールに書かれた電話番号にかけてもつながらなかった。不審なサイトに個人情報を登録してしまったのではないかと、女性は同センターに相談を寄せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!