2021年 7月 28日 (水)

在宅勤務で上司が「既読スルー」、「個別チャットで雑談」 プロに聞く対処法は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   在宅勤務の際、職場の同僚にコミュニケーションツールのチャット機能で「既読無視された」、「頻繫に雑談が送られてくる」――。J-CASTトレンドが20代の会社員男女5人に、業務上でのチャットで困ったエピソードを聞くと、こんな経験があがった。対面とは違った文章でのやり取りに、苦労する人も少なくない。

   社内コミュニケーションに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズのシニアコンサルタント松木知徳氏にチャットで困ったときの対処法を聞いた。

  • 在宅勤務で上司とのチャットにため息…(画像はイメージ)
    在宅勤務で上司とのチャットにため息…(画像はイメージ)
  • シニアコンサルタント松木知徳氏
    シニアコンサルタント松木知徳氏
  • 在宅勤務で上司とのチャットにため息…(画像はイメージ)
  • シニアコンサルタント松木知徳氏

回答期限の提示が必要

   まず、5人中3人が経験した連絡事項の「既読無視」。ただ、一方的に相手が悪いとは限らない。上司や先輩も他の業務などがあり既読になっていてもすぐに対応できないことも想定できる。

   松木氏によると、この時ポイントとなるのが、送ったチャットに返信が必要かどうか。判断や対応を求めるのであれば、「いつまでに回答してほしいのか」をこちらから提示する必要がある。あらかじめ

「今日の〇時までに返信いただけますでしょうか?」

と送れば、優先順位をつけて対応してもらえる可能性がある。もし、期限までに返事がなければ、「この件いかがでしたでしょうか?」と督促もしやすい。

   今回、既読無視された3人中2人は回答期限を設けていなかった。上記のポイントを押さえておけば、既読無視を免れたかもしれない。

   逆に、急ぎでない場合はその旨を伝えておけば、返事に猶予がある分、丁寧に返答がもらえることもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!