2021年 7月 27日 (火)

東京五輪が目前に 暑さ対策の「アサガオ」「打ち水」は本気か

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京2020オリンピックは、真夏の大会になる。暑さ対策として、2018年から2020年にかけては「打ち水」を活用していくという方針のほか、「アサガオ」の植え込みが導入されたと報じられていた。

   すでに2021年7月23日からの開催は目前だが、果たしてこれらの対策は実施されるのか。

  • アサガオで視覚的に涼しく?
    アサガオで視覚的に涼しく?
  • フラワーレーンで観客をおもてなし(画像は東京2020オリンピック競技大会公式サイトから)
    フラワーレーンで観客をおもてなし(画像は東京2020オリンピック競技大会公式サイトから)
  • アサガオで視覚的に涼しく?
  • フラワーレーンで観客をおもてなし(画像は東京2020オリンピック競技大会公式サイトから)

小池都知事が呼びかけた「打ち水」

   2018年7月24日付日刊スポーツ(電子版)によると、小池百合子都知事は千代田区で行われた打ち水イベントの中で五輪・パラリンピックに向けた暑さ対策の一環で打ち水を活用する意向を示し、来場者に協力を呼びかけた。

   19年7月25日付のスポニチアネックスによると、五輪のテスト大会ではアサガオが導入され、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の中村英正氏は「視覚的にも涼しくということから、今回暑さ対策の一環として導入した」と説明したという。

   いずれもインターネットの掲示板やツイッター上では少し変わった暑さ対策として話題となった。

   競技会場周辺での暑さ対策については、「東京2020大会における都市オペレーションセンター運営計画(第二版)」という資料に取り組みが記載されている。都公式サイトで閲覧可能だ。それによれば、会場周辺の沿道には休憩所を設け、日除けのためのテントや送風機、給水設備も用意する。また、希望するボランティアには日差しを遮る帽子として「かぶるタイプの傘」も貸与する。ただ、「打ち水」の記述は見当たらない。

   東京都環境局の環境都市づくり課に取材すると、東京都では涼をとれる手段として「打ち水」の普及に取り組んできた。これは東京五輪にのみ向けたキャンペーンではなく、あくまで一般的な暑さ対策の手段として現在も普及を図っているという。6月24日にも、環境局サイトでは「暑い夏を自宅で涼やかに過ごすために、お家での打ち水をおすすめします」と呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!