2022年 9月 29日 (木)

RSウイルス感染症、プール熱の流行に警戒 コロナ対策とっても前年比増の不思議

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「手足口病」これからピークの恐れ

   2021年7月1日付のテレビ新潟(電子版)は、RSウイルス感染症の流行の理由について、新潟大学大学院の菖蒲川由郷特任教授の見解を紹介した。菖蒲川氏は、去年新型コロナの対策を徹底していたことや、保育園が休園したことなどがこの1年の感染者数の増減に影響しているとみている。

   昨年0歳や1歳だった子が、感染対策や休園によってウイルスに感染せず、免疫をもたないまま1年を過ごした。保育園が再開している今年、新生児と合わせると「RSウイルスに弱いというか、かかりやすい子がいっぱいいることになる。それで一気に感染が広がっている、数も増えてしまっているということだと思います」とした。

   プール熱はどうか。昨年はプールを中止していたが、今年は再開した幼稚園や学校が多い。感染が広がる機会が増えたのだろうか。

   J-CASTトレンドは、幼稚園勤務の女性に取材した。女性が勤める園でも、今年はプールを再開している。「プールや外遊びの際は、熱中症対策もありマスクを外します。夏はどうしても感染症対策が甘くなる部分があるかもしれません」と話した。

   ほかに子どもがかかりやすい感染症に「手足口病」がある。21年第24週のデータを見てみると、報告数は382件だ。20年の同週は406件。一方で、コロナ流行前の19年24週の報告数は1万2707件だった。コロナ対策のおかげか激減しているが、厚生労働省によると毎年7月下旬に流行のピークを迎える。最近では熊本、高知、鹿児島を中心に増加傾向にあり、今後、注意が必要だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!