2021年 9月 27日 (月)

はつめ「高1」で運命を知る 「イースポーツスクエア」との出会い

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

【連載】はつめ降臨 成長する連載「第一形態」

   「ドリームキャスト」と同い年――前回、はつめさんは、幼少期のゲームとの出会い、小学生から中学生にかけてハマった対戦ゲームを振り返りました。

   公式大会に出始めると、「秋葉原がガチの聖地でした」と語るはつめさん。当時のアキバの話で、いしたにまさきさんとの対談はますます盛り上がります。

  • 編集部を訪れた、はつめさん
    編集部を訪れた、はつめさん
  • 編集部を訪れた、はつめさん

初対面の女性店長に言い寄る

いしたに:イベントホールで、やっぱ最初に目立ったのはUDXかな。あそこが2006年にできて、そこから、要するにそれまでのアキバにはなかった、人が集まれる場所ができてきたんですよ。それまでのアキバは、イベントやりたくても場所がそもそもなかった(笑)。

はつめ:なるほどね。

いしたに:うん、これ結構バカにできないポイントだと思います。ファミレスに集まる延長レベルの集まりだと、イベントをきっかけに人と人が初めて出会うということはなかなか起きにくい。私は「UDX=駐車場」という認識なんですが(笑)、あそこの駐車場は「痛車」の聖地になってますよね。

はつめ:たしかに。まあ、簡単にまとめて次に行くと、AVAで初めてオフラインの大会とかコミュニティーイベントに自分が運営サイドで関わるようになって、それがきっかけで訪れた秋葉原にある「イースポーツスクエア」って場所で働き始めて、はつめ名義として人前で活動を始めたって感じですね。

いしたに:展開が鬼早いので(笑)、もう少し詳しく聞かせてください。その運営サイドでかかわったのは何歳ぐらいのとき?

はつめ:いや、AVAの大会参加の時はわりとプレイヤーばっかりだったので(笑)、中学三年生の時くらいにイベントで参加者としてお手伝いして(バイト代もらえない年齢なので)、MCやったり、スタッフとして手伝ったり、そんな感じでした。

いしたに:そうか、それで高校生になって働いてもオッケーになるから、じゃあ、働くかと。びっくりするぐらいに自然な流れだ(笑)。

はつめ:高校1年生のとき、そのコミュニティーイベントをイースポーツスクエアで開催することになって初めて会場に行ったんです。「え!!こんなすごいところあるんだ!!働きたい!!!」って言って。

いしたにイースポーツスクエアって、esportsイベントやってるところですよね。

はつめ:その日に初めて会った女性の店長さんに「バイト募集してますか?高校生でも働けますか?」って、めちゃめちゃ言い寄りました。

いしたに:その行動力(笑)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!