2021年 8月 3日 (火)

「100日間生きたワニ」初日舞台挨拶チケット高値転売 大ヒット確実?ほかの日は

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   映画「100日間生きたワニ」が、あす2021年7月9日にいよいよ封切を迎える。東京・六本木では初日舞台挨拶が予定されているが、現在このチケットが取り合いになっている。

   豪華声優陣が登壇するということもあり、定価とはかけ離れた金額で取引されている例が目立つ。定価と比較すると、16倍以上の価格がついているものも...。

  • 「100日間生きたワニ」初日舞台挨拶のチケット争奪戦(画像は映画公式サイトより)
    「100日間生きたワニ」初日舞台挨拶のチケット争奪戦(画像は映画公式サイトより)
  • 「100日間生きたワニ」初日舞台挨拶のチケット争奪戦(画像は映画公式サイトより)

1枚5万円の超高値で出品

   初日舞台挨拶は、「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」で18時半の回の上映前に行われる。主人公・ワニの声を務める神木隆之介さんや、中村倫也さん、新木優子さん、上田慎一郎監督などが登場する予定だ。

   イベントのチケットを取引できる二次販売サイト「チケット流通センター」では、この初日舞台挨拶のチケットが21年7月8日14時半で100件ほど出品されている。

   もともと舞台挨拶のチケットは、一般が1枚2100円、大学生・専門学校生が1700円、高校生・ジュニア(3歳~中学生まで)と、障害者手帳の所有者が1200円、シニアが1400円だった。プレミアボックスシートはそれにプラス1000円がかかるが、それでも1枚あたり2200円~3100円となる。

   しかし、記者が確認した限り、チケット流通センターでは多くが1枚1万円以上の高値で販売されている。中には1枚5万円の超高値がついているものまである。それでもすでに「取引完了」となっているチケットが大量にあり、人気ぶりがうかがえる。

   購入者のお目当ては、作品というよりも登壇する声優陣のようだ。ツイッターには、舞台挨拶のチケットを譲ってほしい、と書き込みが複数ある。神木さんや中村さんらのファンとみられるアカウントも多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!