2021年 8月 2日 (月)

新宿駅の工事あと26年続く 横浜駅と並ぶ「日本のサグラダ・ファミリア」化

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・新宿駅エリアの工事が続くようだ。駅周辺の新たな事業計画を、東京都が2021年7月7日に発表した。

   名称は「新宿駅直近地区土地区画整理事業」。駅や駅前広場、駅ビルが一体となった「新宿グランドターミナル」への再編を目指す。事業の施行期間は2047年3月31日まで。四半世紀以上続く計算だ。

  • 新宿駅・西口地下広場付近 周辺の開発事業は2040年代まで続く
    新宿駅・西口地下広場付近 周辺の開発事業は2040年代まで続く
  • 新宿駅・西口地下広場付近 周辺の開発事業は2040年代まで続く

事業費は約728億円

   発表によると、駅ビルの建替えを契機に敷地の整理を行いながら、「東西デッキ」を新設。西口及び東口駅前広場も「再構成」する。2035年度に東西デッキ・東西駅前広場の一部を完成させ、2046年度に事業完了予定だという。事業費は約728億円だ。

   約1年前の20年7月19日、新宿駅の西口と東口を結ぶ東西連結通路が開通した。こちらの工事は2012年9月に着手されたが、改札内通路の整備や階段の撤去などを目的として、20年の開通後も継続して実施されている。2023年度に完了が予定されている。

   新宿駅は1885(明治18)年に開業したが、2018年7月27日付の東洋経済オンラインによると、「開業以来の約130年間はほとんど工事の連続だった」。

   記事によれば、1897年には構内拡張工事、1906年構内改良工事、1927年には小田急新宿駅が開業した。戦争での被災・復興を経て、60年代には現在のルミネエスト新宿や京王百貨店が開業。70年代には小田急新宿駅のホーム延伸工事、80年代には埼京線のホームが新設された。

   最近の他の例だと南口の交通ターミナル「バスタ新宿」の建設は2006年に着工、16年に竣工した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!