2021年 7月 27日 (火)

若い恋人同士は位置情報チェックし合う アプリで相手の居場所すぐ知りたい

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   10~20代の間で、交際相手の「位置情報」を把握し合うカップルが増えていると聞く。スマートフォン(スマホ)アプリを使えば、地図上に自分と相手の居場所が示され、今どこにいるかが一目で分かる。

   日常的に監視し合うことは、互いにストレスにならないか。J-CASTトレンドは、実際に位置情報アプリで交際相手と居場所を把握し合う20代の女性2人を取材した。

  • 恋人と「位置情報」把握し合う
    恋人と「位置情報」把握し合う
  • 恋人と「位置情報」把握し合う

「知られてまずいこともない」

   恋人間で活用されている代表的な位置情報アプリは「Zenly」だ。アプリ上で友達になったユーザー間で、位置情報を共有できる。今回取材した2人とも、これを使っていた。

   Aさんは、交際相手からアプリの提案があり受け入れた。互いに心配性のため、今相手がどこで何をしているのか分かると安心するという。「居場所を知られてまずいこともない」。

   アプリがきっかけで関係を修復できたことも。ケンカをした際、互いに意地を張って「LINE」で連絡を取らない期間があった。しかし、

「結局気になって、アプリで彼氏がどこにいるのかを見ていました。向こうも心配だったらしく、私が友人の家に遊びに行っていたら『今○○にいるの?』と連絡が来て、そこから仲直りしました」

   アプリがストレスにはならないのか。Aさんは「お互いに合意して使っているので、ストレスはとくにないです。嫌になったらアプリを消せばいいし、今は便利だと感じることの方が多い」と、不満はない様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!