2021年 8月 3日 (火)

「官公庁オークション」にニンテンドースイッチ複数出品 自動車や不動産だけじゃない

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   行政機関が公有財産などを出品するサイト「KSI官公庁オークション」。官公庁オークションのサイトは以前にも2004年から2021年3月までヤフーが運営しており、現サイトは2021年7月8日にサービスを開始したばかりだ。

   使われなくなった消防車から建築物・土地と、様々なものが出品されているが、なんと人気ゲーム機「Nintendo Switch」(スイッチ)まで公売にかけられている。

  • 「プレイステーション4」も出品されている(画像はKSI官公庁オークションから)
    「プレイステーション4」も出品されている(画像はKSI官公庁オークションから)
  • 「プレイステーション4」も出品されている(画像はKSI官公庁オークションから)

ゲームソフト3本とのセットも

   スイッチは、品薄が続いているゲームハード。通常版は定価3万2978円(税込・以下同)のところ、フリマアプリ「メルカリ」では3万9000円といった価格で転売されている。

   「官公庁オークション」上では2021年7月15日現在、高知県香南市から出品されている。「経年劣化等により汚れ及びキズ」が存在するとのことで、「見積価格」は7000円だ。

   他にも栃木県那須塩原市からはスイッチ本体とゲームソフト「ポケットモンスター ソード」「スーパーマリオメーカー2」「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」のセットが出品。こちらの見積価格は1万4000円だ。また、高知県いの町からも見積価格2万円でスイッチ本体が出品されている。

   これらはいずれも「インターネット公売」として出品されている。税金滞納者が差し押さえられた財産を出品しているもので、落札代金は未納税金などの支払いに当てられる。

   J-CASTトレンドは那須塩原市・総務部収税課のネット公売担当に取材した。差し押さえられた財産のうち金銭的な価値のあるものは、テレビといった家電製品など、特定のジャンルに限らずたびたび公売にかけられる。ゲーム機も価値があるものとしてこのように出品されているという説明だ。

   今回のスイッチはいずれも、何回でも入札ができる「せり売」形式。「見積価額」を最低価格としてスタートし、入札期間終了時に最も高い額で入札していた人が落札できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!