2021年 7月 27日 (火)

「ワクチンファッション」爆誕 接種しやすく女性が肩を大胆に出して

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   日本国内ではワクチンの大規模接種が始まり、SNSでも接種報告をよく見かけるようになった。日本人にとって関心が高いのは接種後の副反応のようだが、一足先に接種が進んだお隣の中国では、「ワクチン接種にぴったりのファッション」がSNSでトレンドワードになり、袖をまくらなくても接種できる「肩出しトップス」が大流行した。

   一説によると、肩出しトップスの売り上げを1割押し上げたという。

  • 確かにこれは、接種しやすそう。撮影したのは誰なのだろう、会場の撮影自由なんだなと、想像が膨らむショット
    確かにこれは、接種しやすそう。撮影したのは誰なのだろう、会場の撮影自由なんだなと、想像が膨らむショット
  • 確かにこれは、接種しやすそう。撮影したのは誰なのだろう、会場の撮影自由なんだなと、想像が膨らむショット

ワクチンロマンスを期待?

「1回目の接種で出会って、(メッセージアプリ)WeChatの連絡先を交換した。2回目の接種は一緒に行った」

   中国でワクチン接種が本格化した春先、中国版インスタ「RED(小紅書)」に、こんな文面が添えられた接種会場での自撮り投稿が拡散した。

   ワクチンロマンスの真偽は知る由もないが、その女性は肩を露出したトップスを身に着けていた。

   同じころ、ミニブログのウェイボ(微博)では、ハッシュタグ「ワクチン接種にぴったりのファッション」がトレンド入りし、接種した女性たちが当日のコーディネートを投稿する大喜利状態となった。

   ほとんどの女性が着ていたのは、やはり肩出しトップス(たまにタンクトップの猛者もいた)。袖をまくる必要がないため接種しやすく、女子力もあがる。一石二鳥というわけだ。

   REDやウェイボに投稿された中から、彼女たちの装いの一部を紹介しよう。

   多かったのが当日のコーディネートと、接種記録を同時に投稿するパターン。この服だと結局袖をまくらないといけないのではと気になった。

   ハッシュタグが大拡散した4月は、まだ肌寒い時期。映り込んでいる通行人がみな長袖の中、真夏ファッションで接種に向かおうとする女性に、「ワクチン打つ前に風邪ひくよ」と心配になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!