2021年 8月 2日 (月)

心が折れる 金田一秀穂さんは透ける自己愛が「気持ち悪い」と

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サライ8月号の「巷のにほん語」で、金田一秀穂さんが「心が折れる」という言い回しを採り上げている。私も「乱用」が気になっていたので、興味深く読んだ。

「『心が折れる』らしい。以前なら、がっかりしたとか、やる気をなくした、とでも言うところだが、『心が折れた』という。『折れた音がした』とまで言う。ホントかよ」

   先生、ハナから戦闘モードである。心が折れるなんて大仰すぎないかキミ、悲劇の主人公でも演じているつもりかい(?)といった辟易が言外にのぞく。金田一さんは、かつての学生運動でよく使われた「挫折」という言葉を引き合いに、こう続ける。

「『挫折する』ときは、仲間がいたように思う。何人かで、もう辞めようかということになって、安酒でも飲んで、泣くこともあったかもしれない、『夜明けは近い~』などと歌ったりしたかもしれない.いずれも、団塊世代のお兄さんたちである」

   〈なまじ期待するものがあるから挫折する〉と学んだ金田一さんらポスト団塊は、最初から希望は持たず、しなやかに、したたかに生きる戦略を選んだという。

   昨今の「心が折れる」人たちは、挫折と違って孤立し、連帯を求める様子もない。

「折れる心とはどんな心だったのだろうか。美しく直立して、細く高く、硬度が高くて、壊れやすいのだろう...それにしても、そんなことをあまり人に言うものではない。恥ずかしいと思わなければいけない」
  • 「もう、ダメだ…」
    「もう、ダメだ…」
  • 「もう、ダメだ…」

照ノ富士と池江さん

   その言葉に語らせようとするのは、自分がどれほど辛い経験をしたかというアピール、発信源は感傷にまみれた自己愛だ。悲劇の主人公として同情を請う心理が透ける...そんなふうに見抜いた筆者は、「何やら気持ち悪い」と切り捨てる。

   そのうえで「本当に心が折れそうな経験をした人たち」を例示する。まずは大相撲の照ノ富士である。怪力の大関として将来を期待されながら、故障で序二段まで下がった後、精進を重ねて大関に復活。先の名古屋場所でついに横綱昇進を決めた。

「一流企業の重役だった人が、突然パートの運転手になってしまうようなことである。しかも、違う会社ならともかく、同じ会社の同僚たちの間で落ちぶれてしまう。こういうことを、心が折れそうな、というのだ」

   筆者が挙げるもう一人は、病床からプールに戻って来た池江璃花子選手だ。

「よりによって白血病になった。かつての死病である。見事すぎるほどの復活をした。本物は心なぞ折れない」

   ホンモノなら簡単に心が折れるはずがない。これほど重い含意の言葉を軽々に多用するのはニセモノに違いない、というのが言語学者の結論である。

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!