2021年 12月 4日 (土)

酒飲んでドローン操作したら書類送検 電動キックボード、自転車も飲酒運転ダメ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」

   飲酒運転には、「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2種類がある。大阪府警の公式サイトによると、酒酔い運転は、身体に保有するアルコール量にかかわらず、アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態の人を指す。酒気帯び運転は、身体に保有するアルコールの程度が呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上、又は血液1ミリリットル中0.3ミリグラム以上の状態の人を指す。

   ただ、自転車では、飲酒運転は禁止されているが、違反をしても必ず罰則があるというわけではない。道交法第117条では、酒気帯び運転の罰則を示した条文に「軽車両を除く」と明記されているためだ。しかし、同法同条の2によると、酒酔い運転については軽車両も含まれているため、該当すれば罰則がある。

   ローラースケートやスケートボード、一輪車はどうか。これらは、車輪がついているが、軽車両には含まれていない。そのため飲酒運転に伴う規制の対象にはならない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!