2023年 2月 4日 (土)

五輪・卓球会場に現れた「中国応援団」 無観客試合なのに「関係者」が大声援

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

審判も空気に流されたか

   なぜ今回、中国側による大声での応援は容認されてしまったのか。小林氏は、試合中の選手らが互いに声をかけ合ってプレーしている中で会場が平時のスポーツのような雰囲気となり、審判などもその空気に流されたことで「厳しくとがめるという作用が働かなかった」のではないかと分析した。

   本来であれば主審のほか、大会の新型コロナウイルス対策責任者(CLO)が大声での応援について注意する役割を担うという。プレーブックによると、CLOは、オリンピック委員会とパラリンピック委員会が指名し、大会の関係者にプレーブックを遵守させる責任を負っている。

「今後はCLOがきちんと機能するよう、組織委員会は徹底していくのではないでしょうか」(小林氏)
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!