2021年 9月 26日 (日)

マチズモを削れ 武田砂鉄さんは慎太郎氏にイライラを募らせて

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   女性自身(7月27日-8月3日 合併号)の「武田砂鉄のテレビ磁石」で、武田さんが石原慎太郎氏(88)の「生きざま」を論じている。

〈自己犠牲、執念、友情、死に様、責任、自負、挫折、情熱、変節...男だけが理解し、共感し、歓び、笑い、泣くことのできる世界。そこには女には絶対にあり得ない何かがある。男が「男」である証とは。〉
「もちろん、自分の文章ではない。自分の主張でもない。そう思われたら超恥ずかしい...自分がもっとも忌み嫌う物言いだ。男である特権性に酔い、その特権性を確認するために女を低く見る...何かを乗り越えてきた雰囲気を醸し出す感じ。すべてがいただけない」

   では冒頭のフレーズは何かといえば、石原氏が昨年刊行したエッセイ集『男の業の物語』(幻冬舎)の帯文だという。武田さんは同著の本文からも「イライラする一節」(男と女の生きざまの質的な違い)を引用したうえで、「なんでこんなに雑なのか。理由は明確で、雑なことを言っても、それを周囲が肯定してくれるのだ」と批判する。

「オレたちはすごいと言い張るために『女』との比較を繰り返すのだから、そんなことをせずに生きてきた『男』の自分は、こういう物書きに『男』を背負わせたくないとずっと思ってきた」
  • 男性たちだけで話を続け…
    男性たちだけで話を続け…
  • 男性たちだけで話を続け…

男らしさを保ちたがる

   武田さんは、この社会は「公共空間で、自分のやり方をゆずらない男性」に向けて設計されていると嘆き、こう続ける。

   「男女入り混じっている状態でも、そこにいる男性たちだけで話を続け、あたかも女性が存在していないかのように会話をする男性はいないだろうか。男性の政治家が、『女性が輝く社会』と連呼してきたが、そもそも、なぜ、男性によって、輝かされなければいけないのだろう」...答えは、前出の石原氏の著書にあるという。

   「女」と比較することによって「男らしさ」を保っているのだと。

「オレたちはアイツらよりマシだぜ、という宣言って、『男らしい』のイメージからかけ離れると思うのだが...」

   男の政治家たちが女性の政界進出をいかに食い止めてきたかを考えれば、石原氏の主張が男性社会で一定の共感を得てきたこともうなずける。

   武田さんは、石原氏の著書からもう一節引く...〈人間には功利計算が付き物だが、男のそれは女とは違って大きなものを動かしかねない〉

「女性の社会進出、指導的立場に女性が就くことを怖がっている男性たちがいる。その多くが、自分の発言権を奪われるのではないかと怯えている人たちである...女と比較しないと男である自分を肯定できない、そんな男にはならないように気をつけたい」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!