2021年 9月 24日 (金)

コロナ禍で低下する子どもの学習意欲 「やる気スイッチ」押すにはどうすれば

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   総合教育サービス事業を手掛けるやる気スイッチグループ(東京都中央区)は、コロナ禍の子どもの学びと習い事に関するアンケート調査を実施。2021年6月30日に結果を公表した。

   調査から、保護者が抱える子どもへの心配ごとや、新型コロナウイルスの長期化によって生じている学習時間の変化などが明らかになった。

  • スクールIE事業本部営業企画室の石井雄一氏
    スクールIE事業本部営業企画室の石井雄一氏
  • 「コロナ禍でのお子さまの成長において困ったこと・悩み」
    「コロナ禍でのお子さまの成長において困ったこと・悩み」
  • 在籍中の塾に通う回数やコマ数、かける費用
    在籍中の塾に通う回数やコマ数、かける費用
  • スクールIE事業本部営業企画室の石井雄一氏
  • 「コロナ禍でのお子さまの成長において困ったこと・悩み」
  • 在籍中の塾に通う回数やコマ数、かける費用

コミュニケーション不足が心配

   調査対象は、やる気スイッチグループの個別指導学習塾「スクール IE」などに通う2~18歳の生徒の保護者1996人。

   まず、「コロナ禍でのお子さまの成長において困ったこと・悩み」について、選択式で質問した。すると、全体の約7割が「楽しみにしていたイベントの中止」(68.6%)と回答した。次に「運動不足」(47.9%)が挙がり、「子どもの居場所不足」(38.7%)と続いた。なかでも、子どもの居場所不足に関する悩みは、2020年4月調査時の18.4%から倍増していた。

   自由回答では、友人と遊ぶ機会が減ったことで、同年代とのコミュニケーション不足を心配する声や、ゲームやスマートフォンの時間が増えたなどの悩みが保護者から挙がった。

   新型コロナの長期化で、学習時間にも変化が見られた。調査では、生徒の約3人に1人(31.4%)が、2020年と比べて塾に通う回数やコマ数が増えたと回答した。塾の費用についても、過半数以上の56.2%が昨年と比べて「増えた」と答えている。

   調査は、2021年5月14~16日にインターネット上で実施された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!