2021年 9月 23日 (木)

東京五輪「金2つ」で女子大生射撃選手がアイドル化 マンションまで贈られ

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

【連載】浦上早苗の「試験に出ない中国事情」

   ドタバタ続きの東京オリンピックも後半戦に入った。メダルの獲得と並んで注目されるのが、大会で生まれるスターだ。カーリング女子のもぐもぐタイム、カザフスタンのお姫様旗手、女子スケボー選手のラスカル問題など、競技以外の部分に注目が集まることには毎回賛否両論がある。

   お隣の中国も同様で、メダルの数に一喜一憂する風潮の中、金メダルを獲得した選手が一夜にしてアイドルになる。射撃で2つの金メダルを獲得した楊倩(よう・せん)選手(21)はその代表格で、地元企業がマンションをプレゼントする騒ぎになっている。

  • 東京五輪・射撃女子10mエアライフル個人で金メダルの楊倩選手。表彰式で(写真:AP/アフロ)
    東京五輪・射撃女子10mエアライフル個人で金メダルの楊倩選手。表彰式で(写真:AP/アフロ)
  • 東京五輪・射撃女子10mエアライフル個人で金メダルの楊倩選手。表彰式で(写真:AP/アフロ)

21歳、清華大学の現役学生

   射撃の楊選手はマイナー競技であるためか、大会前はさほど話題になっていなかった。開会式翌日の2021年7月24日に女子10メートルエアライフルで金メダルを獲得、東京大会全体の金メダリスト第1号となったことから、一気に注目された。さらに27日には射撃混合団体10メートルエアピストルでも金メダルを獲得。「金を2つ獲った2000年代生まれ最初の中国人」という称号も加わった。

   もう一つ、世間が食いついたのは、楊選手が中国トップの清華大学の現役学生であることだ。

   中国は、進学校は体育など副教科の授業を最小限にして受験勉強に全力投球し、身体能力に秀でた子どもは早い時期からスポーツに特化した英才教育を受ける。「文武両道」の概念は薄く、「文武分業」になっている。

   楊選手が清華大生だと世に知れると、彼女がどうやって入学したかを巡ってあっという間に大学入試の成績まで掘り起こされた。日本で言うところのスポーツ枠で経営学部に入学したことが明らかになり、「一般入試で合格した清華大学の学生に比べると点数がかなり低い。真の意味で学業優秀なわけではない」「スポーツ枠で清華に入るのは、勉強で入るより難しい」など、彼女の優秀さを巡りネット論争が巻き起こった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!