2021年 9月 21日 (火)

政治家の世襲 牧太郎さんは問う「DAIGOは支持されるか」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サンデー毎日(8月1日号)の「牧太郎の青い空 白い雲」で、牧さんが毎日新聞の先輩にあたる内藤武宣さん(83)のことを書いている。76歳の牧さんは社会部や政治部で活躍し、サンデー毎日の編集長を務めた人。今作で825回を数える「青い空...」は同誌の名物連載である。話は半世紀前の、上からの指示で始まる。

   牧さんが警視庁回りだったころだ。上司から「ナイトウブセンが退社するらしい。理由を調べろ!」と命じられた。当時政治部にいた内藤さんは、組閣人事などをスクープする腕利きの記者。空手が得意で、後に『少年少女の空手道』などの著書も出した。名前の読みは「たけのぶ」だが、社内では「空手のブセン」で通っていたらしい。

「退社の理由は簡単だった。内藤先輩は、第3次佐藤内閣の官房長官に47歳の若さで就任した竹下登さんの次女と結婚。退社して、1972年12月の衆院選で、故郷・福岡1区から立候補する予定だった」

   どの新聞社も、政治部と社会部はそれほど仲が良くない。権力の懐に飛び込んで情報をつかむ政治部と、権力の不正をえぐる社会部...後者も警察や検察との「癒着」をしばしば指摘されるのでそれほど単純ではないが。内藤さんの場合、部外にも親友が多く全社的な人気者だった。そんな政治記者が取材先の大物に気に入られ、ついには「身内」に転じて政治家を目指す...往時の新聞社にありがちな話である。

  • 「地盤を継いだ私に、清き一票を」
    「地盤を継いだ私に、清き一票を」
  • 「地盤を継いだ私に、清き一票を」

オヤジの復讐戦?

   退社しての背水の陣だったが、内藤さんはあえなく落選、竹下の秘書となる。

「実は最近、"競馬もの"を書くようになって、JRAの幹部になっていた内藤先輩のご長男にお会いした。この時、初めて、人気タレントのDAIGOが彼の弟、つまり『内藤武宣の次男』、つまり『竹下登の孫』であることを知った」

   DAIGOはデビュー当時から「竹下総理の孫」をウリ...というよりネタにしており、メディア人である牧さんが知らなかったとは意外である。当方、本作を拝読して〈DAIGOの父ちゃん、新聞記者だったのか〉と、逆の流れで驚いた次第だ。

   衆院で竹下の地盤(島根2区)を継いだのは、ご存じのように異母弟の竹下亘さん(74)である。こちらはNHK記者から兄の秘書に転じ、政界に入った。その亘さんは今秋の衆院選には出ず、政界を引退する。

「"竹下王国"を誰が引き継ぐのか? 亘さんの2人の子供さんたちは立候補する気はないらしい。となるとDAIGOしかいない? ひょっとすると...50年後の『オヤジの復讐戦』なんってことも」

   牧さんは、塩崎恭久・元官房長官(愛媛1区)や山口泰明・自民選対委員長(埼玉10区)らベテラン議員の引退にも触れて、こうまとめる。

「後継はどうやら『世襲』らしい。公募という形を取るが、結局『勝てる候補はセガレ』ということに落ち着く。日本の政治が三流化している原因は世襲議員だらけ! 『DAIGO』は果たして支持されるだろうか?」

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!