2021年 9月 17日 (金)

東京五輪閉会式はV6に出てほしい 長野冬季五輪「WAになっておどろう」で締めた

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京オリンピックの閉会式が近づいてきた。2021年8月8日夜20時から放送される。どのような演出内容になっているだろう。

   アイドルグループ「V6」に楽曲「WAになっておどろう」を披露してほしいと考える人がいる。実は、自国開催の前回の五輪と深いつながりがある曲なのだ。

  • 東京五輪閉会式の演出内容は
    東京五輪閉会式の演出内容は
  • 東京五輪閉会式の演出内容は

閉会式終了後も盛り上がり止まらず

   「WAになっておどろう」は、1997年にNHKの「みんなのうた」で放送された歌で、覆面バンド「AGHARTA」がオリジナルとして演奏していた。その後、97年7月にV6がカバーする形でシングルをリリース。これが大ヒットし、今ではV6の代表曲のひとつだ。

   98年に開催された長野冬季五輪の閉会式では、同曲が演奏されている。この閉会式では総合司会を萩本欽一さんが務め、「日本の祭り」というプログラムで進行した。式の最後、5000発の花火とともに「WAになっておどろう~イレアイエ~」の合唱が行われたのだ。ただ、この時演奏したのは、V6ではなくAGHARTAだった。

   日本オリンピック委員会(JOC)の公式サイトには、長野五輪閉会式のレポートが掲載されている。そこに、「選手たちが席を飛び出して一緒に歌い、踊ります。泣いている人もいます。みんな歌っています。歌おうとしています。閉会式終了を告げるアナウンスが流れても、場内の盛り上がりはさめません」とある。

   当時テレビで流れたこのシーンを今でも覚えている人は多い。ツイッターには「印象的だった」「楽しかった」と演出を評価する書き込みがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!