2021年 9月 23日 (木)

ソニーからホームシアター&サウンドバー 「360立体音響」を楽しめる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ソニーは、ホームシアターシステム「HT-A9」、最上位モデルのサウンドバー「HT-A7000」を2021年8月7日から順次発売。

  • どちらも没入感のある立体音響で映画などのコンテンツを堪能できる
    どちらも没入感のある立体音響で映画などのコンテンツを堪能できる
  • どちらも没入感のある立体音響で映画などのコンテンツを堪能できる

4スピーカーの「HT-A9」

   いずれも、同社のテレビ「ブラビア」と接続することで、テレビの内蔵スピーカーをセンタースピーカーとして駆動させる「アコースティックセンターシンク」に対応。映像から音が出ているかのような音響技術により、大画面での映像と音の定位感が向上する。

   また、オブジェクトベースの独自の360立体音響技術を活用し、没入感のある立体的音場を再現する新たな音楽体験「360 Reality Audio」認定スピーカーで、対応コンテンツを再生するとアーティストの生演奏に包み込まれるかのような感覚が楽しめる。

   サブウーファーやリアスピーカーをオプションで追加可能。迫力の重低音と強化されたサラウンド音響を実現できる。

   「HT-A9」は、立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を採用し、4つのスピーカーで映画のシーンにリビングルームごと入り込んだような没入感と広大な音場による「360(サンロクマル)立体音響」を実現したという。


   4つのスピーカーはコントロールボックスとワイヤレスで接続。各スピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクと測定波で計測し、スピーカーの設置された空間を把握。その位置情報に基づき4つのスピーカーから音波を重ね合わせ、最大12個のファントム(仮想)スピーカーを最適な位置に生成する。1人でも複数人でも視聴環境に合わせた迫力のある立体音響を楽しめる。

   市場想定価格は22万円前後(税込)。

   8月28日発売の「HT-A7000」は、上向きに配置されたイネーブルドスピーカーによる天井や壁からの音の反射と、縦・水平方向の音場を再現する独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」の再生音を組み合わせ、密度の濃い7.1.2チャンネルのサラウンド音場をバースピーカー1本で実現。


   イネーブルドスピーカー、ビームトゥイーターに加えデュアルサブウーファー、合計11個のスピーカーを内蔵。振動板の面積を拡大させた独自の「X-Balanced Speaker Unit」の採用により高音質と大音圧を両立した。

   市場想定価格は15万4000円前後(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!