2022年 12月 4日 (日)

「ミライトワ」のかわいさに今さら気付いた 五輪終了もぬいぐるみは高騰

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

公式価格14万円のぬいぐるみもある

   ECサイト「アマゾン」では、これらのグッズの新品が高値で販売されている。SSは3300円、Sは4200円、MとLは6500円となっており、S・Mは2倍近い価格だ。

   アマゾンの値段の推移がわかる非公式アプリ「Keepa」によれば、Mサイズはもともと21年7月まで4380円~4500円で値動きしており、公式価格よりは高額だった。そして東京五輪の開会直前、7月18日には6980円に上昇。8月1日~9日は5000円前後に落ち着いたが、現在再び6500円となっている。

   フリマアプリ「メルカリ」では、公式グッズショップのものや、ゲームセンターのクレーンゲームの景品仕様のぬいぐるみ、キーホルダー、大会ボランティアへの配布品とされるピンバッジなど、あらゆる種類のミライトワグッズが無数に出回っている。

   なお、公式オンラインショップでも、ミライトワのステッカーやカチューシャといったグッズが数点残っている。ぬいぐるみだと、全長130センチメートルの「特大」サイズが14万3000円で販売されている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!